牛丼から見る消費者動向

2015.05.07Yoshimi : 

image1.JPG

牛丼が脱デフレに苦しんでいます。

2014年12月に並盛りを値上げした吉野家の1~3月の来店客数は20%近くのマイナスが続いています。

4月15日に値上げしたゼンショーホールディングスが運営する「すき家」も戦々恐々です。

肉の20%増量とともに「商品設計を見直した戦略的価格改定」を掲げているが、業績が低迷する中での動き。
消費者が素直に信じることはなく、浸透には時間がかかりそうです。

円安や原料高、人件費の上昇などファストフードは逆風だらけ。にもかかわらず市場は複雑で、

消費者は牛丼の値上げには納得しなくても、やや高めのすき鍋には食いついています。

外食に対してもっと安さを求めているのか。あるいは、付加価値を求めているものなのか。実態を読み切れない時代になっています。

不透明な消費者行動だが、吉野家が最近つかんだ明確な事実があります。

それはヒット商品となった牛すき鍋膳の購買層です。
当初、60歳以上の利用者は10%程度と見ていたが、ふたを開けると35%に達していました。
特盛りや200円台など安さとボリュームで若者やサラリーマン層をひき付けてきた吉野家だが、すっかりシニア化していたわけです。

高齢化が進む中、価格の上げ下げだけで成長できる時代ではなく、年齢層、時間帯など幅広い視点から市場を開拓する必要があります。

その一つが吉野家で居酒屋サービスを提供する「吉呑み」の展開です。

そもそも「かつて吉野家に来ていたビールと牛皿を注文していた顧客はどこへ行ったのか」という議論からつながったこのサービス。

現在150店で実施している吉呑みのメニューは100円台、200円台が多く、ちょい飲みにはぴったり。

東京・神田の店では、シニア層を中心にごった返し、満席が続いていました。
一方、長時間飲み続ける女性客もいて、完全に居酒屋です。同社では「締め」で食べる小ぶりの牛丼メニューも検討中という。

市場の変化は急激にやってくるわけではありません。

セブン―イレブン・ジャパンの客層を見ると、50代以上の利用者は30年前の85年で9%、95年が12%、最新データの2013年は30%に膨らんでいます。

一方、20代以下となると85年は64%、95年は57%、13年には29%と大きく低下しています。

00年代は既存店の苦戦が目立ったセブンイレブンはこうした変化への対応を強め、再び成長力を備えました。

「ユニクロ」のファーストリテイリングや「東京ディズニーランド」のオリエンタルランドも10代からシニア層まで幅広い年齢層に同じような商品サービスを提供し、成長しています。

コスト増など逆風下でも強みを生かしたボーダーレスの競争力が欠かせません。

現在の日本は成熟市場で、価格だけサービスだけでは生き残りにくい時代になっています。

消費者動向が読みづらい今、市場の変化を読み取り、自社の提供するサービスを見直すことが
必要であると改めて感じます。

No.19757

インスタグラムのヒント

2015.04.27Kihara : 

images.jpg

芸能人のインスタグラムは、そのスタイルやファッションでよく話題になりますが、素人だとがんばって加工しても、なかなかうまくいかない人も多いようです。

そこで、アメリカのスタイリストが実践している、インスタで完璧な投稿をする方法をご紹介します。

あるワイナリーで行われる友達のパーティーに誘われたスタイリストのローラさんは、まずネットでスタイルがよくみえそうな洋服を2着オーダーします。

そして、スマホのアプリでどの色がブドウ畑で映えるかをチェック。

こうすれば、パーティー中にいつ写真を撮られても、安心です。

このように、時間と手間をかけて、インスタグラムで完璧に見える服装を探す女性が急増しています。

アメリカのファッションスタイリストの中には、インスタグラムで有名になってキャリアを築いた人もたくさんいるとのこと。

例えば、ニコールさんは自分の目線の位置から見下ろしたアングルで、腰から足先までを撮影した写真をインスタグラムに投稿し有名になったそうです。

彼女のこの独特な写真によりブランドの公式インスタグラムのフォロワーも飛躍的に伸びたといいます。

彼女の場合は、撮影の際に、床にこだわりを持っていて、よりきれいなタイルをいつも探しているのだとか。

いつも同じキメ顔ではなく、ユニークな目線の写真が人気を集める秘訣かもしれません。

ちょっとした工夫で一貫性をもたらしたり、いつ撮られても大丈夫な様に準備することであなたのインスタグラムはきっと素敵なものとなることでしょう。

皆様もセルフプロデュースしてみては如何でしょうか。

No.19754

ウェブルーミング

2015.04.24Nakagawa-h : 

yamada01_big.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日はウェブルーミングについて、「IT経営戦略手帳」697ページ目として紹介させて頂きます。

皆さん「ウェブルーミング」という言葉を知っていますか?

商品・サービスの情報をネットで比較検討してからリアル店舗で購入する消費行動です。
「ショールーミング」の対義語になるのですが、このウェブルーミングが広がりを見せています。

リアル店舗で商品・サービスを確認して、その場では購入せずに通販サイトで購入するショールーミング。

一時、リアル店舗がショールーミング対策として店頭価格を下げ、ヤマダ電機は2013年9月中間期決算で営業赤字に陥りました。
それほどに猛威をふるっていたショールーミングは、今尚リアル店舗の脅威として存在していますが、ウェブルーミングも広がっているとの事です。

事前に気になる商品をネットで下調べしていた事がきっかけに、リアル店舗を訪れて購入するケース。

ある調査会社の調査によると、店舗に買い物に行く事を前提に、そのブランドや店舗を事前に下調べした経験のある人は6割を超えています。
また、下調べ経験者の内、下調べしたアイテム以外のものを追加購入した人は48.4%で、特に30代以降半の女性は72.4%と、リアル店舗では、ついで買い意欲が高まるデータも出ています。

こうしたウェブルーミングの広がりは、リアル店舗での大きな機会になるでしょう。

ネットではできない、店員による商品説明や助言などの充実で、その商品のみならず、付随商品などのついで買い需要も引き出す事が可能となります。
小売大手各社でも、価格を低く抑えシェア拡大を狙う企業が苦戦する一方で、品質にこだわり高付加価値戦略を採る企業の業績好調が鮮明です。

高付加価値をいかに伝え、いかに納得してもらい、良好な買い物体験を提供できるのか?

ウェブルーミングは、価格よりも品質を重視する脱デフレ型消費形態の典型的な消費行動なのかもしれませんね。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19751

スタバのフラペチーノキット

2015.04.23Yokobayashi : 

image.jpeg

スターバックス コーヒーが、数量限定「スターバックス フローズンドリンクメーカー」を全国のスターバックス店舗にて発売することを発表しました。

「スターバックス フローズンドリンクメーカー」は、スティックタイプの「スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー」とミルクがあれば、誰でもフローズンドリンクを作れるキッチンウェアです。

価格は3000円で、スティックも5本で580円となかなかのお手軽価格で、お店のようにブレンダーや氷がなくても、自宅で簡単にフラペチーノのようなフローズンドリンクが楽しめます。

イエロー、ホワイト、ライトブルーといったカラーリングも夏らしくて爽やかなデザインです。

ドリンクの作り方は、まずはインナーコア(内側容器)を凍らせて、次に材料であるスティックタイプのコーヒーとミルクを容器に入れます。

2分ほど待って材料が固まってきたら、最後にスプーンで約7分間かき混ぜて完成です。

7分間、微妙に長い・・・

ひたすらスプーンでくるくるくるくる7分間混ぜ続けるのはなかなかしんどそうです・・・

工程はちょっとお手軽とは言い難いですが、ゆったりと落ち着いてドリンク楽しむのがスタバらしいのかなと思ったりしました。

No.19748

富裕層リピート客獲得戦略

2015.04.23Nakagawa-h : 

cont2_img01.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、訪日外国人リピート獲得戦略について、「IT経営戦略手帳」696ページ目として紹介させて頂きます。

観光庁によると、2014年度観光やレジャー目的で訪日した外国人で、来日が10回以上と答えた割合が全体の11%となりました。

2012年度の調査と比べ3ポイント上昇するなど、訪日客の増加にリピーター層の存在が大きく影響しています。
そんな中、流通業、サービス業大手では、富裕層のリピート客獲得に力を入れています。

1)高島屋

来店頻度、購買金額が高い訪日外国人を対象にVIP会員証を発行。
来店時には通訳に加えて接客専用のコンシェルジュも配置します。
国内の特定顧客を専属で接客する外商を、訪日客へ応用し富裕層のリピート獲得に力を入れています。

2)プリンスホテル

2016年に新規開業する高級ホテル「ザ・プリンスギャラリー」の全250室にタブレットを導入。
室内の温度や明るさの調整やルームサービスの注文もでき宿泊客の快適性や利便性を向上させます。
また同時に、入力された情報を蓄積し、次回宿泊時に室温など前回と同じ設定にするなど、手厚いサービス提供に力を入れていきます。

こうした背景には、訪日外国人リピート客の固定化を狙う思惑がありますが、もう一つ注目すべき点があります。

訪日外国人はSNSなどの口コミ情報を基に、訪れる店や利用するサービスを決めるケースが少なくありません。
特に東南アジア諸国などではSNS普及率が高く、こうした傾向が顕著に出ています。
つまり、富裕層に対する手厚い待遇は、母国での貴重な口コミになり、新規顧客獲得に大きな力を発揮するマーケティングにもつながるという事です。
日本が誇る「おもてなし」の精神を今こそ発揮して、訪日リピーター獲得と同時に、SNSの口コミを活用した新規顧客開拓にも力を入れてみてはどうでしょうか?

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19745