スマホ用眼鏡「MEKARA」

2013.05.31Yoshimi : 

sk_mekara.jpg

 スマートフォンやPCなど、近くのデジタル機器の画面を見る機会が増えていると思いま
す。
そこで気になるのが目の疲れですが、メガネスーパーから、スマホやPCなどをよく使う現代人に向けたメガネ「MEKARA」が本日より発売されます。価格はフレーム付きで17,850円〜。

 レンズの下方向に近距離用の度数ゾーンを設け、手元を見る際の目の負担を軽減。上下左右の視界全体をクリアにする「左右非対称設計」も取り入れてます。

 また「MEKARA」では、店舗で独自の「トータルアイ検査」(無料)を行います。この検査では基本的な視力だけでなく、年齢による調節力や、仕事・家事といった生活シーンでのメガネを使う状況・環境も確認し、それらを総合的に考慮した上で「本当に合ったメガネ」を提案していきます。

 今ほどデジタル機器が普及していない時は「遠くがよく見えるほどいい」というメガネの認識がありました。

 しかし、スマートフォン、タブレット、PCなどの普及から、近距離のものを見る機会が増えています。今や「近くも遠くも疲れず見える」ことが望まれているのではないでしょうか。

 今回の「MEKARA」よりも早く、JINSからスマートフォン・PC用の眼鏡が販売されており、消費者の認知度も高いです。JINSは3,990円〜と安価で提供しています。

 スマートフォン・PC用眼鏡の市場では後発である「MEKARA」が、JINSよりも何倍も高い価格で販売していくには、JINSにはないMEKARAならではの価値を提供していくことが重要であると考えます。

No.15528

決済に革命児登場!

2013.05.31Nakagawa-h : 

square-iphone.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、アメリカで420万店舗、年間取扱高約1兆5000億円に達するオンライン決済システム「Square(スクエア)」の日本国内でのサービス開始について、「IT経営戦略手帳」238ページ目として考察を深めたいと思います。

5/23スクエアは、三井住友カードと資本提携し、北米以外でサービス展開する最初の国として日本を選択してサービスを開始すると発表しました。

スクエアとは?以前の「IT経営戦略手帳」でも紹介させて頂きましたが、もう一度おさらいさせて頂きたいと思います。
スマートフォン(スマホ)のイアホンジャックに専用端末を装着し、クレジットカードを読み取ると、スマホで決済が可能となるサービスです。
アメリカでは、小規模店舗、タクシー運転手、屋台の様な移動販売者、フリーマーケット等にも個人単位にまで利用が増えており、スターバックスでは全店に導入し一気に話題になりました。

日本では、コイニー、ペイパルヒア、楽天スマートペイなど、日本国内で先行するオンライン決済サービス各社も、サービスの見直しに取り組んでいます。

では、先行各社が、慌ててサービスの見直しを図るその理由は?実際、スクエアのサービス内容を見ていきましょう。

1)利便性

スマホに専用アプリをインストールし、業態、入金口座、住所などの利用者情報を入力。
審査が通れば3〜5日でスクエアの端末が届き、その時点からスマホを使ったクレジットカード決済が可能になる。

2)手数料

スクエアを利用してクレジットカード決済した場合、手数料は3.25%。
コイニー4.0%、ペイパルヒア5%、楽天スマートペイ4.9%

3)入金サイト

決済後から入金まで1日(午後11時59分までに決済した分は、翌日の正午までに手数料を引いた金額が振り込まれる)

4)マーケティング活用

管理画面で売上推移などを確認でき、マーケティングにも活用可能。

また、5/29からアップルストアでもスクエア端末の販売を開始し、コンビニでも販売する計画を進めているとの事です。

「小売店などが、スクエアを導入しようと思ったなら、5分以内に手に入る様な状況を目指す」という方針を掲げています。

スクエアの日本進出で、ますますスマホを活用した決済システムが広まるでしょう。

今までの常識を覆す新しいサービスの登場に、皆さんはどの様に対応されますか?

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

No.15525

ポムの樹様福岡ソラリア店

2013.05.30Yamada : 

130530_133135.jpg

昨日からポムの樹様福岡ソラリア店の撮影に行ってきました。

福岡は天神駅で最も栄えた場所にソラリア店はあります。

今回の動画撮影に関しては、ソラリア店はポムの樹のサービスモデル店舗として

あげられているグループでも優秀な店舗になっています。

そのサービスの取組みとして、お客様のお出迎えとお見送り、オーダーは膝をついて

丁寧にお聴きする、サラダのドレッシングが選べるタイプで店員さんがかけてくれます。

その他にもサービス向上マイスター制度があり、お客様からの感謝の言葉がたまると

星をもらえるようになっています。グループ店舗の中で何故、同じようなサービスをしても

ソラリア店のようにならないのか、それは会社の理念に基づいた店長のリーダーシップだと実感しました。

店長が自ら接客を楽しみ、そしてお客様のために何ができるか常に考えていることが結果としてでてると思いました。

皆さんも福岡に行った際は立ち寄って見てください!

No.15522

人生初

2013.05.30Hiraki : 

18f05aeddc212b523b40818fa2b87b33.jpg

こんにちは!総務部平木です。
今回は最近あった人生初を綴りたいと思います。

先日、なんと!

自転車で捕まりました。。(´Д` )
別に2人乗りしてたわけでも、スピード出してたわけでもなく、ごく普通の会社帰りだったのに、後ろから「そこの自転車〜止まって下さい」と。
まさか自分のはずはないと思い、さらに普通に漕いでたら、止められましたσ(^_^;)
そして、されたのは職務質問でもなく、ただの自転車の照合だけ。。。
私の自転車の乗り方が悪そうだったのか何なのか。わざわざ止められた原因は未だに謎に包まれたまま、自分への問いかけと気持ち悪さを残して終了しました。
人生初めて、公な感じで疑われましたが、例えものすごく小さな事でも、気分は悪くなるものですね。普段のコミュニケーションの中で多くの人の話を聞く事がありますが、疑う、とまではいかなくても受けいれてなかったり、気持ちが向けれていなかったりする事もあります。自分が感じた気持ちを忘れず、今後は今までよりもさらにプラスで、相手の事を考えられるように変わっていきたいと思います!

P.S.

写真はアドベンチャーワールドのパンさま。暖かくなってきたので、早く会いに行きたいです♪( ´▽`)

No.15517

リサイクルスマートフォン

2013.05.30Yoshimi : 

1726d_103_dddbb21d6c3b4454663f003c843e5e09.jpg

 2画面や写真に音を入れる機能、画面に指を触れずにスクロールができる機能など、最近のスマートフォンには、ますます新機能が追加されています。
 そんな中、一線を画した商品が開発されました。マイケル・マッターナとジェームズ・ポーリス、セイヤー・マーフィーの3人のデザイナーが共同で開発したCELLです。
 まさに「シンプル イズ ベスト」という言葉が当てはまります。

 特筆するのは、CELLのボディは廃材となったアルミニウムを再利用して作られており、成型にかかるエネルギーも通常のスマートフォンを作るときより少量で済むので、まさにECOなスマートフォンであることです。

 また、E Ink(電気泳動インク)による電子インク・スクリーンを活用しており、他のスマートフォンのような多機能さはないものの、省電力で電池が長持ちします。これも環境への配慮が伺えます。

 リサイクルなので価格は従来のものよりも安価になると思います。日本で受け入れられるかはわかりませんが、最低限の機能で低価格という強みを活かせれば、発展途上国でCELLの市場が生まれるのではと考えます。

 毎シーズン他社との差別化を図るべく、新機能を搭載したスマートフォンが登場します。あまりに多機能で、あれもできる、これもできるという商品よりも、「ここが特徴です!!」と強みを絞り込んだ商品の方が、消費者の記憶に留まりやすいのではないでしょうか。

 その点、今回のCELLは環境に優しいスマートフォンということで、消費者に認知されそうです。

No.15510