次世代母子手帳

2014.03.31Nakagawa-h : 

img_0.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、次世代母子手帳について、「IT経営戦略手帳」435ページ目として紹介させて頂きます。

生まれる前からの成長記録を動画で残したい。

こうしたニーズから、エコー検査で撮影した動画を無期限保存し、スマホで確認できるサービスが始まります。

ヤフーが提供している電子母子手帳アプリ「kazoc(カゾック)」が同サービスを本日3/31から開始。

従来は1年半限定で配信されていたエコー動画サービスと提携。
動画を無期限保存として、利用者や家族がいつでもスマホで閲覧する事が可能になります。

このアプリ自体は、昨年2月からサービスを開始し、利用者は累計11万人以上。

家族限定のSNS機能を持ち、エコー動画や、出産後の写真などもアプリ内に保存できます。

こうしたサービスは、離れて住む両親や兄弟などにも非常に便利ですね。

また、子供が大きくなった際にも、ネット環境さえあれば、いつでもどこでも動画や画像を見せて上げる事もできます。
母子手帳は遂に、エコー動画を保存する時代になるのですね。

従来からあるものを、まずデジタル化して利便性を提供する。

そして、更にサービスを進化させる為に、ユーザーのニーズをカタチにしていく。
その細分化し複雑化するニーズを汲み取り、いかに早くサービス化する事ができるか?
今回のケースの様に、提携する事で早期サービス提供を実現させるという手法も、新サービスを開発する際などに重要なポイントになってくるでしょう。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】株式会社Yukiプランニング 中川博之

企業と消費者のコミュニケーションをデザインし
商品・サービスの魅力を価値へと創造する
http://www.yuki-planning.co.jp

No.17971

【日本の美徳】

2014.03.31Nozaki : 

42306e07.jpg

前回のソーシャルメディアを活用したハンバーガーネタに続き、
もうひとつの消費者の立場になったハンバーガーネタ。

日本のハンバーガーチェーン店、

フレッシュネスバーガーによる、
女性がひと目を気にせずハンバーガーにかぶりつけるキャンペーンを行いました。
男性と違って女性が少し大きいハンバーガーを食べる際に、
大口を開けて食べるのは少し抵抗感があるかと思います。

そこで、考えられたのが、日本の女性の美徳であるおちょぼ口。

海外では「OCHOBO」と言われ、日本の文化が受け入れられています。

ハンバーガーの包装紙に女性のキレイなおちょぼ口を印刷。

表向きは女性のキレイな一面が見られます。
しかし、実際に裏では大口を開けてハンバーガーにかぶりつけるというもの。
これなら周囲を気にせずがっつけますし、彼氏の前でも女性らしさが出せます。

このキャンペーンから派生して、この包装紙を写メで撮ってSNSで拡散するという所も面白い所です。

顔の半分が隠れていて綺麗なおちょぼ口が印刷された包装紙なので、
普段とは違う表情を演出する事が可能となり、それが見た目が美しいおちょぼ口女性となるのです。

ものまねメイクのざわちんさんの様に、顔半分メイクしても芸能人に似せる事が可能であるので、

この様に、何かを少し変えるだけで消費者も楽しみながら食事が出来る様になるのでしょう。

興味深いのは、このキャンペーンが実績を伴っているというところで、213%も売上が伸びたそうです。

モノ・サービスも消費者目線で考えていくとこの様な発想に成るんでしょうね。

キャンペーン動画はこちらから

http://youtu.be/A5kTiP4wDQU

No.17968

office for ipadが出ました!

2014.03.30 : 

Office-for-iPad_1.jpg

Microsoftが27日に、「Office for iPad」を発表しました。

「Office for iPad」はApp

StoreからWord、Excel、PowerPointをダウンロードできます。無料で利用できる機能はあるが、文書作成、編集にはOffice
365サブスクリプションが必要となり、iOS 7.0以上に対応、日本語でも利用できるが、日本のApp
Storeでは今のところ提供されていません。今日の時点で世界135か国で利用可能となっています。

また、発表に合わせて「Office Mobile」のiPhone/Android/Windows Phoneが個人利用に限り無料。

アップデートされたバージョン1.1は、ビジネス用途ではこれまで同様Office 365サブスクリプションが必要です。

また、MicrosoftではOffice for iPadをタッチエクスペリエンスで利用できるようにするために1から開発したそうです。

Windows版やMac版とドキュメント互換性を保ち、完全なフォーマットで表示されるそう。。。

UIについても、リボンインターフェイスやレイアウトなどWindows版やMac版と同じUIを採用、使い慣れた環境をそのままiPadでも利用できるそう。。。

iPadのタッチ操作で利用しやすいように、リボンやメニューのタッチ操作エリアは広く取られており、画像やオブジェクトのサイズ変更や回転をタッチ操作で簡単に行うことができる。また、iPad独自の機能である音声によるディクテーションやAirPlayといった機能をOffice

for iPadでも利用可能だそうです。

Office for

iPadの無料版でできることは、Word、Excel、PowerPoint文章の閲覧とPowerPointのプレゼンテーションで、主にビューア用途となるそうです。

Office 365のいずれかのサブスクリプションがあれば、ドキュメントの編集、新規作成が可能。ドキュメントはOneDriveまたはOneDrive

for Businessに保存でき、いつでも同期されるそうです。

Office 365サブスクリプションでは、Office for

iPadを最大5台のタブレット、5台のWindowsまたはMacにインストールできる。それでユーザーが保有するすべてのデバイスでOfficeが利用できるようになるとしているそうです。

なお、Office for iPadの全機能を利用するにはOffice 365サブスクリプションが必要ですが、Office

365の30日試用期間中は、Office for iPadの全機能を利用できるそうです。また、今春には個人向けのOffice
365パーソナルサブスクリプションが発表予定ですが、この料金プランでもOffice for iPadが利用可能となるそうです。

No.17965

チームブランディング

2014.03.29Nakagawa-h : 

20140418_.jpg

ブランド戦略支援の一つに、弊社ではチームブランディングというサービスを提供しています。

このチームブランディングの特徴は、経営者や担当者だけでなく、現場の方々にも参加して頂く、スタッフ参加型ワークスタイルを取り入れているという点です。

チームブランディングは、複数回に分けて行います。

まず初回は、セミナー形式で、ブランドの基礎知識をお伝えします。

参加者全員の方が、ブランドに対する共通の認識を持って頂き、その必要性を理解して頂きます。

そして、ステップごとになったワークを、全員で進めて頂きます。

予め決められた項目を元に、様々な角度から自社の商品・サービスを見つめ直して頂きます。
我々がファシリテート役となり、皆さんでディスカッションを促進させて頂きます。

これらのステップを進めていき、最終的にブランドステートメントという、ブランドの宣言書が出来上がります。

ブランドステートメントには、チームブランディングを通して決定した各項目が記載されています。
これら一つ一つが、ブランド戦略を進めていく上で、非常に重要な項目になります。
それぞれの重要項目を、ブランドステートメントという書類にする事で、社内外に我々のブランドはこうです!と宣言する事ができます。

社内的には、接客・サービスの人材育成から商品開発、営業方針などの指針になります。

社外的には、ロゴなどのブランド要素や、プロモーション方法などの指針となります。

しかし、このブランドステートメントができる事は、チームブランディングでの結果の一つに過ぎません。

自分が考えるチームブランディングの最も大きな成果であり、弊社でも最も大切にしている事は、参加者全員で生み出すそのプロセスだと思っています。

参加者全員が、その結果に至ったプロセスを全員で体験する。

そうする事で、もし修正案や変更案が出ても、ゼロから調整を始めるのではなく、全員が同じ軸から見つめ考える事ができるのです

そこに至った背景や議論を、共通体験として持っている組織というのは非常に強いものです。

ブランドとはカタチのないモノです。

だからこそ、大切に磨き続ける必要があると思います。
その目に見えないモノを、全員で磨き続ける為に、チームブランディングを一つのきっかけとして、活用してみてはどうでしょうか?

そんなチームブランディングを活用して、新たな新業態が生まれ大反響を生んでいます。

謎解きcafe「時解(ときとき)escape cafe」

チームブランディングが生み出した新感覚の常設型脱出ゲーム。
道頓堀に店舗を構え、予約が殺到し、テレビにも取り上げられています。

次回のセミナーでは、全くの0から新業態を生み出し、成功に導き、繁盛店になるまでの具体施策をご紹介します。

興味をお持ちの方は、是非ご応募頂けると幸いです。

〜セミナー情報〜

◆日時
4/18(金) 17:00〜19:00 (受付 16:30〜)
◆会場
株式会社Yukiプランニング
◆費用
無料
◆定員
先着15名(残り5名)
◆申し込み
PC http://www.yuki-planning.co.jp/seminar2.html
スマホ http://www.yuki-planning.co.jp/sp/seminar2.html

No.17962

大阪市営地下鉄全面携帯電話サービス提供へ

2014.03.28Oonishi : 

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3_6.JPG

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは3月27日、大阪市営地下鉄で進めていた共同のエリア整備が完了し、全線の駅および駅間部分で携帯電話サービスを提供すると発表した。

 3社は3月31日の始発から、千日前線の全区間で新たに携帯電話サービスを開始。同時に、一部区間でサービスを提供していた谷町線および長堀鶴見緑地線においてもエリアを拡大する。

 ほかの大阪市営地下鉄路線はすでに全線がエリア化されており、残る3路線のエリア化によって全路線がカバーされることになった。

これで今以上にながらスマホが広がるのではないかと思います。

便利になる反面、ながらスマホで事故が起きているのも事実。
今後事故対策にも併用して取り組んでいってこそのサービスだと思いますので、
これから便利と安全の両立がされたサービスを考えていくことが次の段階だと思います。

No.17959