総務省が取り組む無線LAN環境の整備

2015.04.22Nakagawa-h : 

7da1c2824e86e49858eba41a503cbb23_2.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、更に快適になる無線LAN環境について、「IT経営戦略手帳」695ページ目として紹介させて頂きます。

スマホの普及や、大容量の動画配信などで、無線LANがつながりにくい現象が増えてきています。

そこで総務省は、2017年までに無線LAN向けの周波数幅を約2倍に広げ快適に使える様にすると発表しました。

電波は周波数ごとに携帯電波やテレビ放送といった使い道が定められています。

周波数の幅が広いほど、大容量の通信が可能で、無線LANに割り当てられている周波数は現在約350メガヘルツ。
これを2017年までに約700メガヘルツにまで広げる方針となりました。

2014年度の国内の公衆無線LANサービスの利用者数は2278万人と前年度より560万人増。

2018年度には4000万人を超える見通しが出ており、主にビジネス向けの普及が進んでいますが、商業施設などでの無料提供サービスも増えています。

スマホの大画面化や、更なる高速通信網の整備でスマホによる動画視聴は更に加速するでしょう。

動画視聴が当たり前になり、そのクオリティーまでも求められる環境になるのは遠い未来の話ではありません。
大手が競ってスマホ向け動画配信に力を入れていますが、その波は様々な業種業態にまで波及してくるでしょうね。
総務省の取り組みによる快適な無線LAN環境の整備で、消費者のライフスタイルに起こる変化の先読みが重要になってくるでしょう。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19742

ブランド賞味期限

2015.04.21Yamada : 

_DSC3676.png

日本は世界でも有数の外食激戦区といわれていて
1971年に日本に進出したマクドナルドは、国内の外食産業のパイオニアとして市場を切り開いてきました。
我々も子供のころから愛着のあるファストフードで、ジャンクフードのパイオニア的存在でした。

ですが、そのグローバルブランドが「賞味期限切れ」の危機を迎えています。

ファストフード業界の競争は激しい。マクドナルドから離れた顧客が向かっているのは同業のモスフードサービス。
産地を明確にした国産野菜を商品に積極的に取り入れ「健康志向」「安全」といったイメージを確立していきました。
マクドナルドが異物混入問題の発覚で客数を大きく減らした1月以降、逆にモスフードは増加傾向にあります。
消費増税以降、消費者の選択は厳しい。購買意欲に刺激を与えない店舗は、たとえ価格が安くても顧客の心象風景から徐々に消えていき、
逆にマイナス材料があったとしても、顧客の支持が強ければ不満を吸収できる。

例えばコンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは14年末から15年1月にかけて弁当やおにぎりへの異物混入が発覚した。

社会的な影響力ではセブンイレブンの方が大きい。それでも消費者は離反せず、既存店の売上高は今もプラスでした。
セブンイレブンは同店でしか手に入らないプライベートブランド商品や、いれたてコーヒー、ドーナツなど商品・サービス改革の手を緩めないことでイメージを守った。

マクドナルドも今後はよりきめ細かい政策で顧客へ接近しないと本当にブランドとして賞味期限が切れてしまう。

マクドナルド自身が客の心象風景に追いつかないと再び人気者にはなりえない。
これから大きくなっていくブランド、衰退していくブランド、ブランドは消費者の心の中にあるとすれば顧客思考は重要な課題となってくる。
No.19736

理容室と美容室

2015.04.21Hiraki : 

ŽÊ^

みなさまお疲れ様です!総務部平木です。雨続きで暑いのか寒いのか…そして洗濯物を干しては洗い直してを繰り返しでなかなかパッとしない日々が続いておりますね(´Д` )早く晴れてほしいものです。さて、今日は今更なのかもしれないですが、私的に初めて知ったお話を書きます。

実は、男性が美容室でヘアカットするのはごく普通だと思っていたのですが、厳密には美容室で男性の「カットだけ」をするのは「法令違反」ということなのです!

約40年前の厚労省の通知によって「違法」とされているとの事。またややこしいことに、自治体によって、美容室への指導や監督をどれだけ強くおこなうのかが異なってもいるそうです。東京都のように「男性のヘアカットのみ」を黙認している自治体や、厳しく取り締まる高知市のような自治体など…。
1947年(昭和22年)に制定された「理容師法」は、理容師の仕事を「頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること」(理容師法第1条の2)とされ、一方の「美容師法」は、1957年(昭和32年)に制定され、「パーマネントウエーブ・結髪・化粧等の方法により、容姿を美しくすること」(美容師法第2条)と規定されていますが、理容師と美容師の仕事の大きな違いは、シェービングができるかできないかで、現代理容室とは、カットだけでなく、シェービングもできるヘアサロンだととらえられてきているそうです。
最終的には、理容師と美容師の垣根をなくし、一緒にしていくことが実態に近く、グローバルスタンダードともいえます。また先進国で、理容室と美容室がわかれているのは、台湾、韓国、日本くらいのようです。

とはいっても、今のところ理容組合、美容組合が一本化に向けて積極的に働きかける予定はないそうで、なんやかやとズラズラ書きましたが、いずれにせよ、選ぶのはお客側だという結論だそうです?(゜Д゜)

仕事柄、時々素人ながらにも法律を調べることもありますが、身近なことでもまだまだ知らないことが多いです。普段の業務とは全く繋がらないお話ですが、ちょっと知識がついた嬉しさのブログ更新でした…。

No.19733

訪日中国人向けの新サービス

2015.04.21Nakagawa-h : 

ph150331-2.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、訪日中国人観光客への広告配信について、「IT経営戦略手帳」694ページ目として紹介させて頂きます。

中国ネット検索最大手「百度(バイドゥ)」は、中国国内ネット利用者の約7割が利用するサービスです。

本日4/21から、訪日中国観光客にターゲットを絞った広告配信サービスが始まります。

ハイドゥは、中国最大の60万サイトが加盟する仕組みを手掛け、そのサイトを閲覧した際に専用の広告を表示できます。

この60万サイトから希望する特定分野のサイトに絞り広告を展開できます。
また一度自社サイトを訪れた利用者に、何度も広告配信する仕組みも取り入れるとの事です。

こうしたサービスを活用する事で、来日中の中国人観光客に、来店直前まで広告配信する事が可能になります。

中国からの誘客を狙う、商業施設や観光施設などでの活用で、更なるインバウンド消費を期待する事ができるでしょう。
今年に入り更に急増する中国人観光客向けの新サービスで、新たな需要開拓に取り組まれてはいかがでしょうか?

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19730

訪日外国人リピーター向けサービスの多様化

2015.04.20Nakagawa-h : 

top_img_01.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、訪日外国人リピーターの取り込みについて、「IT経営戦略手帳」693ページ目として紹介させて頂きます。

観光庁によると2014年の訪日外国人数は1341万となり、日本国内での消費額も2兆円を突破しました。

また、日本へのリピーターも増加しており10回以上の来日者が1割も占めています。
そんな中、東京や京都などの定番観光ではない、日本でしか体験できないレジャーや、観光スポットなどを紹介するサイトが増加しています。

セグウェイで暴走できる十勝千年の森

アニメの舞台になった観光スポット紹介
忍者体験や1日女子大生体験など

大手企業では採算が合わないニッチなサービスに特化して、サイト上に珍しい情報を掲載。

今後は利用者が自ら情報を投稿できる仕組みの導入や、各ジャンルごとに細分化したサイトを展開していく模様です。
他にも、SNSでネットワーク化した外国人から、日本について知りたいテーマを聞き出して記事化していくサイトも人気が出てきています。

東京、京都、大阪などを巡るゴールデンルートから、リピーター向けの広域観光周遊ルートを開発していく。

2020年に訪日客2000万人という目標を達成するには、こうしたリピーターを飽きさせない工夫が大きなポイントなってきます。
アニメやファッションなど日本の新しい文化は外国人にも非常に人気が高いです。
体験型レジャーなど、その模様を利用者自身のスマホで発信できるような仕組みがあれば、母国での口コミの広がりにも期待が持てるでしょうね。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19727