身近になりつつあるウェアラブル端末

2015.03.27Kirimoto : 

image_6.jpeg

NTTドコモは26日、子どもなどの日頃の活動を見守り、安全をサポートするサービス「ドコッチサービス」を4月4日から開始するにあたり、専用端末として腕時計型ウェアラブル端末「ドコッチ 01」を同4月4日に発売すると発表しました。

 「ドコッチサービス」は、各種センサー及び通信機能を搭載した専用端末を装着することにより、子どもの様子(元気に運動中、活動中、安静状態、非装着の4つの状態)や周囲の温度・湿度を、最大6台のスマートフォンやPCでいつでも確認できるサービス。家族などあらかじめ設定された人物とのメール(SMS)の送受信も行える。専用アプリ「ドコッチおでかけアプリ」では、子どもが遠くにはぐれてしまう前にお知らせを受け取ることできるなど迷子予防にも役立つほか、万が一のときはSOSボタンを長押しするだけで家族にメールで知らせるようになっています。

 腕時計タイプの専用端末「ドコッチ 01」(Huawei製)は、1.3インチ液晶搭載。ネットワークはW-CDMA(3G)に対応し、Bluetooth 4.0、IPX5/IP5Xの防水・防塵もサポートしています。バッテリは、連続待受時間は約72時間。充電は専用クレードルで行う。ホワイト、ライトブルーの2色が用意されるそうです。

ウェアラブル端末は、当初健康管理などで話題になりましたが、こういったサービスを行う事で、興味を持つ父兄も増えてくるのではないでしょうか?

特に小さい子供を持つ方々は、携帯までは持たせる必要はなくても、セキュリティはできることはしておきたいという本音もあると思います。

後は実際の使い勝手がどうなのか気になるところではあります。

No.19662

Facebookの次なる戦略

2015.03.27Nakagawa-h : 
【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、Facebookが提供する無料対話アプリの次なる戦略について、「IT経営戦略手帳」677ページ目として紹介させて頂きます。

Facebookが提供する無料対話アプリ「メッセンジャー」は全世界で6億人が利用しています。

Facebook側で全てを開発する方針から一転し、プラットフォームとして外部企業に開発を開放すると発表しました。
今後、SNSに次ぐ事業の柱に育てる方針で、対話アプリ市場にも大きな影響があるでしょう。

企業側としては、メッセンジャーを顧客との新たなコミュニケーション手段として活用する事ができます。

例えば、ネット通販では、顧客のメッセンジャーにこうした情報を送信する事が可能となります。

注文した商品のレシート送付

配送状況の通知
顧客からの問い合わせ対応など

単なるシンプルなコミュニケーション道具だった対話アプリをビジネスのインフラに変えるこれらの戦略。

世界で14億人が利用するFacebookが、対話アプリに本格参入し、LINEなどと競争が更に激しくなると予想されます。

消費者のライフサイクルの一部となりつつある対話アプリが、様々なサービスを追加し多様化が進んできています。

利用する企業側も、ユーザー数やユーザー層などはもちろん、サービス内容なども十分吟味して、積極的に活用していく必要があるでしょう。
Facebookの次なる戦略に注目し、自社における対話アプリ活用の方向性や可能性もしっかり見極めていきたいものですね。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp
No.19660

100円均一ショップの転換

2015.03.26Yoshimi : 

image_5.jpeg

100円ショップ大手のキャンドゥは1000円前後の雑貨を扱う新型店を開業します。
円安などの影響で仕入れコストが上昇しており価格や店舗戦略を見直します。
まず、第1号店を専門店ビルの「パルコ」内に出し、早期に100店体制を目指すとのこと。
20〜30歳代の女性を対象にし、デザインや材質にこだわった商品を揃えます。

「OHO!HO!(オホホ)」の店舗ブランドで全国に展開。まず27日、東京・渋谷にあるパルコ内に出店します。

木製の小皿や置き時計などを販売する。

既存の100円ショップの店舗は約1万5000種類の商品を扱うが、新型店は約2000種類に絞り込みます。

100円ショップでは樹脂製の商品が多いが、木材など素材の幅を広げるとのこと。
新型店は女性従業員が中心となって企画し、店舗の装飾や商品のデザインを洗練された印象になるよう改善されます。

売り場面積は100平方メートル規模を見込み、既存店の3分の1に縮小。

約900店ある既存店はスーパー内や路面などの立地が多いが、新型店は駅ビルや地下街などの限られたスペースでも出店できるという。
年間に約10店舗のペースで出店していく予定。

100円ショップの業界は円安を受けて商品の仕入れコストが上昇し、人件費も膨らみ収益を圧迫しています。。キャンドゥでは一部の傘などコスト増を吸収できずに販売をやめた商品もあります。

円安による外部環境の変化に対して、価格ではなく、ターゲットを明確にして商品価値やサービスを高めていく今回のキャンドゥの戦略。

均一商品の大量販売ではなかなか売上があがらない昨今において、100均といえどもこの流れは変わらないようです。

ターゲットを明確にし、商品を絞り、個人の趣向に対応していくことが、必要だと改めて感じさせられます。

No.19653

多様化する顧客とのコミュニケーション

2015.03.26Nakagawa-h : 

gf1420378490w.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は多様化する顧客とのコミュニケーション手段について、「IT経営戦略手帳」676ページ目として紹介させて頂きます。

特に若年層の間で、メールを超えるコミュニケーション手段になっている対話アプリ。

小売業などで顧客接点の一つとして対話アプリ活用が広がりつつあります。

1.東急ハンズ

ネット通販のスマホ用サイトに対話機能を追加。
例えば「母の日の贈り物のオススメは?」と打ち込むと接客担当者がオススメ品を提案します。
今後は一定額以上を購入する得意客専属の担当者を付ける事も検討しています。

2.ゾゾタウン

LINEに公式アカウントを開設し、ユーザーのお気入り商品の値下げや、再入荷等の情報をLINEで知らせます。
消費者はゾゾタウンからの情報をタイムリーに受け取り買い逃しを防げます。
開設1週間で約24万人が登録し、メールマガジンに次ぐ顧客とのコミュニケーション手段を構築しています。

総務省によると、LINEなどのSNSを利用する時間は10代が1日48分、20代は45分と、メール利用時間を上回っています。

若年層の中で情報インフラになりつつある対話アプリの活用。
メールの様に形式ばらない、親近感やレスポンス性を向上させた対話アプリの特性をどうの様に活かしていくか?
そして対話で購買意欲が高まった顧客に、いかに購買まで誘導する事ができるのか?
LINEでもLINE Payというサービスが始まりましたが、対話から購買に至るまでの設計も非常に重要になってきます。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19650

個人情報保護法改正に伴うビックデータ活用

2015.03.25Nakagawa-h : 

tp03.jpg

【IT経営戦略手帳】最新IT技術情報を企業経営のヒントに!

皆さん、おはよう御座います!

本日は、個人情報保護法改正によるビックデータ活用について、「IT経営戦略手帳」675ページ目として考察させて頂きます。

ソフトバンクとファミリーマートは、共通ポイント「Tポイント」の運営会社に約200億円を出資する方針を固めました。

その背景には、個人情報保護法改正案の成立を見越し、データ利用を円滑に進めたい思惑が伺えます。

現在の個人情報保護法では、購買履歴などのビックデータは、自社の店舗での利用に限られています。

個人情報保護法が改正される事で、個人を特定できない様にデータを加工すれば、第三者への提供が可能となります。
Tポイント加盟店は、コンビニや外食店、ネット通販など35万店舗が加盟し、5千万人超の購買履歴などの情報が集まっています。

ソフトバンクでは、ヤフーなどグループ全社で、スマホを活用したネット通販の決済にポイント利用を導入。

ファミリーマートでは、独自商品の開発や品揃えの改善に活用する考えです。
商社ともTポイントへの出資比率を高める事で、加盟店各社の購買履歴などのデータ活用を円滑に進める方針です。

Tポイントでは、4/1からデータを加工しポイント利用者の購買履歴とネット広告閲覧履歴の相互提供を始めます。

Tポイントに加盟する企業は大手企業が大半を占めています。
こうしたビックデータ活用が広がれば、大手企業のマーケティング精度も格段に向上するでしょう。
我々中小企業も何らかの形で、こうしたビックデータを活用し、対抗処置を講じていく必要があるでしょう。

それでは、今日も一日宜しくお願い致します!

【IT経営戦略手帳:発行元】

「魅力と価値のコミュニケーションをデザインする」株式会社Yukiプランニング 中川博之
http://www.yuki-planning.co.jp

No.19647